オフィスレイアウトで必要なこととは


オフィスレイアウトは慎重に考えないと後々作業がやり辛くなってしまいます。

あの時こうしておけばよかった、もっと余分にスペースをとっておけばよかった、通路をもっと広くしておけばよかった、などと後悔しても後の祭りで、当分の間は不満の残る状態での仕事を余儀なくされてしまいます。



そうならない為にも、まずはどのような間取りにするのか、通路の幅はこれでいいのか、電気系統の配線などはどうするべきか、などといったことを社内で徹底的に検討する必要があります。特に通路の確保や作業をする為のスペースというのは後から移動することは難しいですから、まずその辺りから確保していき、そこにデスクや棚などを配置していくようにしましょう。

今使っているデスクなどを設置したいからと、まず現物ありきのオフィスレイアウトをしていっては、劇的な変化を期待することはできず、結局は今の状態とほぼ同じになってしまいます。

新しいレイアウトを考え、それに合ったデスクなどを改めて用意していくようにしましょう。

その結果としてデスクや棚が今よりも小さくなってしまうようなら、思い切って不要なものを処分していくということも必要となってくるでしょう。


そうすることが作業の効率化や不要品の処分、整理整頓へと繋がって来るのです。

満足度の高いAll About情報について詳しく解説しております。

オフィスレイアウトはただ単にデスクなどの配置や通路の見直しをするだけではなく、作業の効率化などを徹底して推し進める為の大きな改革なのだと心得ましょう。